三国箪笥(タンス)|船箪笥(タンス)|時代箪笥(タンス)|福井県|匠工芸

「匠工芸」は、日本で唯一の本物の材料と製法で船箪笥(タンス)/三国箪笥(タンス)を製作する工房です。

江戸時代中期から、明治末期にかけて福井県三国町は、日本海最大の北前船の港町として多くの団屋を生み、繁栄を極め、多くの文化を育みました。中でも、北前船に欠かせない船の中で使用され、団屋達の信用と格式を重んじる船箪笥(タンス)は、世界でも例を見ない独自の構造と職人の知恵が結集された逸品として、現在でも美術品として残っています。当時、北前船の遭難により、海中に投げ出された重い船箪笥(タンス)が海に浮くように設計されていたことも、職人たちの神技とも言えるものです。材料から工法全てを当時のまま復元したのが、匠工芸の船箪笥(タンス)なのです。

  • 船箪笥(タンス)や車箪笥(タンス)、枠箪笥(タンス)は、江戸から明治時代にかけて誕生しました。いずれも趣深いものばかりですが、なかでも三国の船箪笥(タンス)は、北前船の船乗りたちと共に荒波を乗り越えるために、精巧なからくりと頑固なつくりをしています。その堅牢さは、海難時に投げ捨てられた場合も、海に浮いて岸に辿り着いた事が浦証文として、残っています。
  • 豪奢な鉄金具による重厚な意匠、繊細で手の込んだ、からくりや引き出し‥‥。箪笥(タンス)には、木工、漆、金具のすべてに、職人の高度な伝統の技が息づいています。匠工芸では、素材から意匠まで、細部に至まで当時のままの姿を復元。北前船の衰退と共に、突然その姿を消した船箪笥(タンス)をはじめ、部屋の中で使用されていた箪笥(タンス)に、息づく先人たちの技と知恵を注いでいます。
  • 北前船に用いられた船箪笥(タンス)は、素材にケヤキの古材を使い、漆で仕上げることで、千年の時を超える頑強さを誇ります。強さと美しさを兼ね備えた本物の三国箪笥(タンス)は、その数の少なさ、品質の高さからも、親から子へ、子から孫へと受け継ぐほどに、その価値を高めていきます。
    また、引き出しの中に何をしまうかも、三国箪笥(タンス)の楽しみのひとつ。錠前金具も秘伝の仕掛けで、現代のセキュリティに劣らぬ安全性を保持しています。大切に保管したい宝飾類や洋服などはもちろん、複雑な仕組みの錠前を持つ船箪笥(タンス)は、金庫としても活用できます。
◆会社概要
有限会社匠工芸のご紹介
◆歴史と船箪笥
匠工芸の船箪笥(タンス)について
◆商品紹介
匠工芸の箪笥(タンス)の紹介
◆お問合せ
匠工芸へのご意見、ご相談はこちらへ

FLASH PLAYER当サイトをお楽しみ頂くには最新のmacromediaFLASH PLAYERが必要です